« STAR WARS MMO 再び。 | トップページ | Ubuntu on VAIO PCG-C1VSX/K »

Turtle Beach / Ear Force X4

Ear Force X4 辿り着いたXbox360 ヘッドセット製品,

Ear Force X4 (写真→)

とりあえず...pata...

 

深夜プレイ(L4D)のためのヘッドセットを探す旅に出て、内なるforceの声に従うと共に
、これまでにかかった総出費額、

¥ 2 5 k 越 え  yay....

いろいろ試した・・・いろいろ試したよ・・・
ああ、この金額あればHDMI搭載の箱360本体買えますね。。(;´∀`)
しかし、現時点でコレ最強と思われる製品に辿り着けたような気がします。

Blog更新オヒサシブリデス・・・
今回も箱360ネタです。物欲ネタです(゚∀゚)   sosite cho-bun desu...

 

■ 目的と背景:

深夜帯でのXbox360の in-game sound と ボイスチャットの両立。。

昼間は TVから音出力+ヘッドセット(ボイチャ) ですが、深夜帯はTVから大音響は難しいのでヘッドフォンを被ります。
ただこうするとヘッドセットを外すことになり、純正ヘッドセットを使えなくなります。

箱側でボイチャの出力をin-game soundと混ぜて出力するように設定できますが、純正ヘッドセットでの聞こえ方に比べると『いきなり聴覚テストですか?ww』レベルまで聞こえにくくなります。。

この製品に辿り着くまでに試したコト

(1) φ2.5⇔φ3.5変換、PC用ヘッドセット流用
(2) 変換は同じく、ヘッドセットとして PC用 Steelseries 4H 購入
(3) 変換は同じく、モノラルイヤフォンとぶら下げマイク(100均w)

変換は結局成型されたヤツを買いました。(

最初の(1)(2)は聴覚テストモードになってしまい、in-gameの効果音がどーんと来ると聴き取れません。(2)はホントに無駄だったな・・・

次の(3)はin-game soundとボイチャを独立して聞けるように挑戦して、インナーイヤフォンをつけて、その上から密閉型ヘッドフォンを被りました。ボイチャとの両立としてはコレでOKでした。が、購入した100均モノラルイヤフォンがインナーとはいえ耳から出ている部分が大きく、密閉型ヘッドフォンを付けると若干抜け気味になってしまい、聞こえにくい&集中できない、というオチになりました。

結局のところ、(1)~(3)を試した時点では、純正ヘッドセットを普通に被り、そのまま密閉型ヘッドフォンを上から被せる、という耳が圧迫で痛くなる状態がベストでした。
#費用0円でよかったのか・・・pata

 

というわけで、in-game sound とボイチャを箱側で混ぜるやり方は地雷ということが分かりました・・・
相性の良いイヤフォンがあれば、(3)の方法がいいように思います。
安いですしね。。
ただし頭からぶら下がるケーブルは最大3本になりますw (TV接続とのヘッドフォンケーブル+ボイチャ聴き用イヤフォンケーブル+マイクケーブル)

 

 

ここまでの出費wで、方向性としては(3)と同じように、in-game sound と ボイチャ
は独立でやるしかない結論に至りました。
こうなったら小型のミキサーで箱本体と箱コントローラ(ヘッドセット端子)とヘッドフォン+マイクをつなごうかとも思いました。が、手頃なミキサーを考えつかなかったので諦めかけていました。。

しかし、ふと海外の深夜ゲーマーはどうしてるの??と思い、いろいろ調べてみると日本語googleでは見つけられなかった Turtle Beach社 の Ear Force X3, X4 という製品に辿り着きました。パっとみはかなりイロモノっぽいです。。
#サウンドカードでは老舗になるんですかね?ぜんぜん知りませんでしたが・・

http://www.turtlebeach.com/

で、X1/X3/X4というモデルがあり、公式ホームページに製品の詳細やマニュアルPDFが公開されています。
X2は欠番??と思ったらかなりの地雷だったらしく、日本でもレビューがありましたが、酷い目に遭っている模様です。。 (ear force x2で検索でもどうぞ・・)

Ear Force X1

有線で、初期リリースはXbox時代? モデルチェンジは2006年?

Ear Force X3

ワイヤレス。箱コントローラとヘッドセット間は有線。リリースは2007年。

Ear Force X4

ワイヤレス。5.1ch対応。箱コントローラとヘッドセットは有線。リリースは2008年。

仕様と他のいろいろなレビューをナナメ読みしていくと、in-game と ボイチャ は独立した設計になっている様子だったので、

1 時 間 ほ ど 悩 ん で p o t i 。 (゚∀゚)ya-y

X3かX4に悩みましたが、失敗しても現在使っている20世紀モノ5.1chシステムSONY MDR DP-IF5000のリプレースにと、X4をchoice。
X4の定価は $199.95。
日本で輸入扱いしてるところがありましたが、¥33kだった(arien..)ので amazon.com でpotiしました。ちょうどX'mas discountと重なり、$172.99でpotiできました。しかし輸入の場合、問題は送料。一歩間違うとゲームソフト1本くらい平気でかかりますw
amazon.comで一番安い送料のコースだと$5以下だったような気がしますが、輸送にかかる日にちが最長 32 business dayとか書かれていたので(arien..)、漢は黙って最速コースでお願いしてみました(2~4day)。中間くらいのコース(2week程度)もありましたが、それでも $10 はかかり、中途半端なのでスルー。まぁ、高いですが、最速送料もGamestop.comとかに比べると安いので差額(自己)納得です。。
#最終的にpotiから3日で届き、送料込みで $210 でした。 。。あとは円高マジックで引き落とし時にどうなるか?(本日のところ

 

さて。

X3/X4においては、ヘッドフォンはワイヤレスで、箱本体と送信部をオーディオケーブルで接続してます。X3はステレオで、X4はオプティカルINがあり、5.1ch対応。
マイク部分は純正ヘッドセットの接続コネクタと同じ形をしていて、箱コントローラとヘッドフォンを付属ケーブルで接続します。コントローラの手元でボイチャON/OFF、ボリューム調整できるので使用感は変わりません。(詳細

earforcex4-2

まぁこの形なのでChatPadには未対応。
(←写真)

装備した構図としては、TVから通常サウンド出力&純正ヘッドセット装着と変わらない状態です。
あとワイヤレスヘッドフォン自体は 単4電池 x 2 です。持続時間の公称値は20時間程度らしいので、eneloopでフォローですな。

 

そして実際の音。

まず in-game sound ですが、英語のいくつかのレビューにも書かれていたのですが、アナログワイヤレスゆえ(?)のヒスノイズがあります。ボリュームを上げていくと顕著ですが、本来なら無音の部分で『サ---(;;』と聞こえるヤツです。この辺は日本でも売られている安価なワイヤレスと同じですね。元々使っていたMDR DP5000もヒスノイズでがっかりした記憶がありますが、それと同じですねぇ。。(慣れてはいますが、やっぱりがっかりしますw・・)

あと赤外線ですので、送信元の本体から隠れると音が切れます。箱コントロー
ラのワイヤレスとは違うモノですので、それと比べると範囲は狭いです。まぁ、ヘッドフォンと本体の視線が遮られない限りはぜんぜんOKでした。

ここらへんはアナログワイヤレスの仕様として考えるしかないですね。
個人的には5.1chデコーダと有線接続できるようにもして欲しかったところです。 (本体に有線をつなぐジャック端子がない・・・残念すぎるが、アンプではないからしょうがないところ。アンプ機能はヘッドフォン側が担ってる形です)

ヒスノイズを除くと、普通のヘッドフォン(中の下)ですかね。
サイズはでかいです。耳に当たる部分は写真ではしょぼそうでしたが、意外に柔らかいです。しかしデザインとしては一昔前感があります。。ここらへんは製作デザイナーの範疇なんでしょうかねぇ・・・一言でいえばショボイw(公式HPではイヤーパッドなどの消耗品のばら売りもやってるようですが・・)

ヘッドフォン自体にボリュームが付いてますので、音量調整は左側の耳当てで。
バスブースト機能もありますが、通常はOFFで十分でしょう。しかしONにすると低音が強調されるため、高音のヒスノイズが目立ちにくくなりました。なお音漏れについては漏れまくりですw。

     earforcex4-3

次にマイク。まずはヘッドセットとしてのみ見てます。

マイク部分は取り外し不可能ですが、フレキシブルになっていて口元の位置を自在に変えれます。
コントローラから出たケーブルをヘッドフォンに接続する形です。ここはワイヤレスではないです。(写真→)
こっちは純正と変わらないくらい声を拾って、相手の声もしっかり聞こえます。
さすがに箱専用を謳っているだけに、ちゃんとやってますね~!
純正と同等ですね。個人的には◎。

ただし厳密に聞き比べると、個体差もあると思いますが、僅差でX4≦純正 という感じでしょうか。比較の仕方としては自分で音声メッセージを作り、それを再生しただけです。(ノイズとこもりを気にしました。が、微々たる差です。)

あとはコントローラとヘッドフォンを接続するケーブルの長さですかね。もうちょっと余長あっても良いように思うんだが。。 断線したら何もかもが終わるw

 

そして次---、 in-game でのボイチャ。

ゲームの音楽と一緒にどう聞こえるか、ってところなんですが、めっちゃ聞き取りやすいっすわー。単体で比べたら上記の感想でしたが、こうやるともう完全撃破ですね(謎w)。ボリュームが独立しているので、ボイチャがちゃんと一定量で聞こえます。もちろん箱側の設定も『ヘッドセットのみ出力』でOKです。

公称機能としては、in-game の音がどーんときたら、ヘッドセットのボイチャもどーんとボリューム追従調整する機能 Chat Boost™ Dynamic Talkback Expanderがあります。コレ地味にすごいですよ。Left 4 Deadでどーんと来てるときは中の人の耳にもどーんとwなっているので普通は会話しにくいんですが、X4だと相手の声はちゃんと認識できましたしね。あと自分の声もloopbackして鳴らしてくれるので、必要以上に大声でボイチャすることもなさげです。Gooodです。

そして全体的にみて、音の感じ方としては、TVからゲーム音を出している普通の状態でのボイチャと似ていますので、ホント違和感はないです。 。。

 

あとは、実機を触って気になった点をいくつか。

機能的にはめちゃめちゃ気に入っているんですが、作りとしてショボイ感は拭えませんw。ヘッドフォン全体はプラスチック樹脂で、汚れやすそうです。長期間使わない時は収納袋に入れて保管しといた方が良さそうです。

光るギミックも発見したのですが、やっぱりショボイw。

earforcex4-4

写真をよーく見て欲しいのですが、ヘッドフォンの左側だけ、赤く光ります。電源を入れると心臓のパルスのようにトッ、トッ、トッって光り続けます。マニュアルを読むと、正常時は1秒間隔で光り、速く光り出すとオートパワーオフになる前兆とのこと。。 また遅くなったり点灯状態になるとバッテリー切れかけのお知らせだとか。

送信元の本体については、上部に金具が出ており、ヘッドフォン置き場として使ってくださいとのことです。が、ショボイw

あとこっちの本体の方ではオートパワーオフがあるようですが、Power ON/OFFが背面の押し込みスイッチなので、電源オフではなくて待ち受けモードに移行するだけのような気がします。

なおやっぱり機能的には、すごくいい感じです。

光入力だけでなく、そのままスルーの光出力が付いています。箱360をAVアンプに接続しているような場合、『箱-------この本体-------AVアンプ』という順番でつなげば、AVアンプ側の接続変更はいらないです。地味に気が利く・・・w

Dolby Digital については、5.1対応です。もちろんバーチャルですが。

入力は普通のオーディオのRCA端子でのアナログステレオ入力もあります。入力ボリュームも付いてます(って普通ですねw)。この場合は全面にある Dolby Pro Logic II スイッチをONにしてやるとアナログにDolby Pro Logic IIが使えます。光デジタル入力であれば Pro Logic II はあえて使わず、pass through で箱側から出力される5.1情報で十分かと思いますけどね。

 

 

あとは使っていく中で分かると思いますが、ヘッドフォンとしての耐久性でしょうかねぇ。
とりあえず壊れたらBlogに追記しますが。。。壊れそうな気がしますw
ワイヤレスの壊れ方は経験があるので、兆候が出たらすぐ分かると思います。。

なお、一部の英語ユーザレビューで、X3でしたが、"1週間で壊れた" というのもありました・・・どう壊れたとは書かれてなかったので何とも言えませんが、何かあったら日本から交換はつらいかなー・・

結論としてはヒスノイズは残念ですが、箱360環境としてはコレ最強
で。
日本で売ってない&結構高いので手放しでオススメしませんが、オススメで<oi w

 

でわでわ。。。
とりあえずこの辺で。
長文失礼しました。 (自分で読み返すのも長いわ・・・w)

 

p.s.
まだ見ぬ X5 が2.4GHz wirelessとかで出てきたら買い換えを検討します。。。<oi w

p.s.2.
AX360というヘッドフォンなのにスピーカーUnit 8個内蔵のリアル5.1wも気にはなっていますが・・・・

p.s.3.
で、もうしばらくしたら日本でもっといい品が出てきたりして・・・
いつぞやのDS Lite Blackの二の舞!?w  それが心配ですだ・・・

|

« STAR WARS MMO 再び。 | トップページ | Ubuntu on VAIO PCG-C1VSX/K »

Xbox360」カテゴリの記事

周辺機器」カテゴリの記事

コメント

買うべきか!
ほすいw

投稿: $ | 2008年12月14日 (日) 04時17分

Doru殿、君なら押せる!(笑

公式ページに"where to buy"ってリンク集があって、各ショップサイトのEar Force売り場に飛んでいけます。
ぜんぶ開いて一番安いところ探せば良いかも。おれが探したときはamazon.comだっただけです。年末saleをcheckですなー

ではまたONLINEでgood

投稿: Norae | 2008年12月14日 (日) 22時41分

AX360・・・
値段もお手ごろだから気になりますw

投稿: ㌦ | 2008年12月15日 (月) 19時59分

> 弗殿

AX360、仕組み的には同じですよねぇ。
wirelessじゃないくらいっすかね?

X4と比べるとかなり安いし、いいんじゃね?
5.1 decoderがしっかりしてそう。

ではコレでw
http://www.trittontechnologies.com/products/TRIGA611.htm

投稿: Norae | 2008年12月15日 (月) 20時59分

これこれww
これなんとなくクローントルーパーぽく見え
てpotiしそうになりましたがこっちはAmazonのレビューで点数低かったですね。
値段的にもこれくらいから失敗すると痛いですなw

なのでとりあえずAX360にしといてあとはNoraさんと同じくX5とかでヒスノイズとやらが改善されたら買い替え検討ということで・・・って金あるかな(^^;

投稿: 弗 | 2008年12月15日 (月) 21時31分

Noraeです。

あれから壊れずに使い倒してますがw、ちょっとだけ追記をば。

ヒスノイズの件ですが、マイクを取り外している状態では、ほとんど目立たないくらいでした。マイクを取り付けると目立つノイズが乗ってきます。
シングルプレイ時はマイク外しておくと良いかも。

となると、まだ見ぬX5も変わらないような気がしますなー
(マイクが拾う分はしょーがないよね・・?)
AX360と聴き比べしてみたいですなー

dewa dewa

投稿: Norae | 2008年12月22日 (月) 17時24分

購入&結審 gura :p
投資に見合う効果があったものと願っておりますw

私としては夜にヴォイチャ環境でゲームができること自体がうらやましす
ヨメコワスw

今後も開発&研究リポート期待しております

投稿: SANZON | 2008年12月23日 (火) 19時47分

今更ですが注意点をば。

EarForce X4ですが赤外線のため、プラズマTVとの相性悪し、です。プラズマTVから発せられる波長が赤外線に干渉しますだ。
#ウチは液晶TVなので問題なしお

mixiでは書いてましたが、コッチには書いてなかったので。
dewa dewa...

投稿: Norae | 2009年7月 7日 (火) 22時52分

8月下旬?に X41 が出るです。。
http://www.turtlebeach.com/products/efx4/home.aspx

これも欲しいw

投稿: Norae | 2009年8月16日 (日) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158350/43404455

この記事へのトラックバック一覧です: Turtle Beach / Ear Force X4:

« STAR WARS MMO 再び。 | トップページ | Ubuntu on VAIO PCG-C1VSX/K »